平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

SFC修行2016

2017年スーパーフライヤーズカード(SFC)を取得する

2016/11/06

2016年にスーパーフライヤーズカード取得のための修行、いわゆるSFC修行を始め無事スーパーフライヤーズカードをゲット出来ました。
2017年に新たにSFC修行する方向けに、スーパーフライヤーズカードとは?について紹介したいと思います。

スーパーフライヤーズカードとは?

ANAのスーパーフライヤーズカードはクレジットカードなのですが、1年間のノルマを達成することで作ることが出来る少し特殊なカードです。
通常のANAカードやゴールドカードとは違い以下の様な特典をカードを持ち続ける(年会費を払う)限り(現時点では)続くことが出来るのです。

特典は以下のとおり
・プレミアムメンバー専用サービスデスク
・ラウンジの利用
・座席クラスのアップグレード
・プレミアムエコノミーへの変更
・国内線座席指定の優先
・予約時の空席待ちの優先
・国際線特典航空券の優先
・優先チェックインカウンター
・手荷物受取の優先
・手荷物許容量の優待
・専用保安場の利用
・優先搭乗の案内
・空港での空席待ちの優先取り扱い
・マイカー・バレーの優待(成田空港)
・羽田空港駐車場の優先予約
・香港国際空港の優先レーン
・アップグレードポイント
・フライトボーナスマイル
・マイルからANA SKYコイン特別倍率で交換
・アップグレードポイントからANA SKYコインへの交換
・IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの優待
・スーパーフライヤーズ会員オリジナルネームタグ
・プレミアメンバー限定ANAセレクション
・ライフスタイルマガジン「ANA AZURE」
・ライフスタイルWEBマガジン「WEB AZURE」
・会員限定手帳・カレンダーのプレゼント
沢山ありますね。

スーパーフライヤーズ会員の特典|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

本当にスーパーフライヤーズカード必要?

いろいろ特典がありますが、全部使うことはまず無いでしょう。
とはいえ、細かい部分が便利になるためANA(及びスターアライアンス)を使う上でメリットがあることは確かといえます。

ただ、1つ注意したい点としては

あくまでも特典はANA、もしくはスターアライアンス便利用時でしか通用しない

ということ

例えばスーパーフライヤーズカードを作れば国内線のANAラウンジが使えるようになることはもちろん、海外でもスターアライアンスゴールドの資格があれば入れるラウンジを使うことが出来るようになります。
通常の航空券、割引航空券はもちろん、特典航空券の場合でも使えます。

20151101_172801646_iOS
香港国際空港にあるタイ航空のラウンジ。
スーパーフライヤーズカード=スターアライアンスゴールドですから使うことが出来ます。

 

でも最近一気に普及が進んでいるLCCを使う場合はラウンジが使えません。ANAと関係のあるバニラエアやピーチでもNGです。

LCCでもラウンジが使いたい!って人は楽天プレミアムカードを作り、プライオリティパスを無料で発行したほうが良いでしょう。
楽天プレミアムカードで国内ラウンジ、プライオリティパスで海外(一部国内)ラウンジを航空会社問わず使うことが出来ます。
私も持っていますが、結局LCCを使う頻度は高いので例えスーパーフライヤーズカードを持ったとしてもこのカードは手放せないと思います。
また、これから修行をする人にも是非おすすめしたいカードとも言えます。

↑登録はこちら

メリットがあることは確かですが、ノルマ達成に約30万円以上かけることが出来るか?
もう一度落ち着いて考えてみることを強くオススメします。

そのノルマとは

ana_pp1
1年間プレミアムポイントを50,000貯める。

ネット上ですと単位はPP(プレミアムポイント)と呼ばれています。

これだけ、これがまた辛いのですが。

このプレミアムポイントは、ANAもしくはスターアライアンス提携航空会社で貯まっていきます。
ただ、少なくとも半分の25,000PPはANA便である必要があります。

ステイタスの獲得条件の詳細はこちら

5万PPを貯めると、ANAのプラチナステイタス(スターアライアンスゴールド含む)になることが出来ます。
毎年このステイタスを維持するのは辛いので、プラチナステイタスからほーーーんの少し機能を削ぎ落としたステイタスを持ち、クレジットカードを維持している間は(現時点で)ずっとこのステイタスが続くカードがスーパーフライヤーズカードなのです。なので修行は1回だけです。

50,000PPってどれくらい?

5万という数字があってもなかなか想像しづらいと思います。
(私がセントレア拠点なので)名古屋から沖縄まで、旅割(旅割Xを除く)を使った場合
50,000/1,213(片道)=41.22...なので、

21往復必要

となります。

プレミアムポイントシミュレーションはこちら

1年365日ですから、365/7=52... 土日で2日ですから休日は104日となります(祝日など含まず)。
土日で沖縄1泊2日した場合、単純計算で1年のうちの土日の4割は飛んでいかないといけません。

また、片道のフライトを\12,000と仮定した場合、42回のフライトで50万4千円になります。

iPhone何台買えるんだよ!

修行と呼ばれるくらいですので、時間的にも金銭的にも体力的にもノルマは厳しいということはお分かりかと思います。

それでも挑戦してみたい…そんな珍しい人がまさに私なのですが

次回、どうやって効率よくポイントを貯めるのか書いていきたいと思います。

↓こちらもどうぞ

2017年スーパーフライヤーズカード(SFC) 旅程を考える - 平日サラリーマン休日トラベラー

ポイントサイトでSFC修行コストを削減! - 平日サラリーマン休日トラベラー

-SFC修行2016