平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

スイス 旅のTips

スイス・チューリッヒ空港でSIMが買える場所

投稿日:

スイスの玄関口とも言えるチューリッヒ空港(ZRH)、ここでSIMカードが購入できる場所を紹介します。

併設のエアポートセンターへ行こう

多くの空港では到着ロビーに通信キャリアの窓口があるものですが、チューリッヒ空港の場合は併設のエアポートセンターへ行きましょう。

場所がよくわからない場合は、駅に向かっていけばOK(エアポートセンターの地下が駅のホームです)

SIMカードが購入できるキャリア

政府が半分ほど株を保有しているSwisscom。最大手らしい。

第2位らしいSunrise。別ブランドのyalloも扱っています(ソフトバンクとワイモバイル的な位置づけ)

相場はどれくらい?

今回、Sunriseにyalloブランドで「無料SIMカード」とあったのでホイホイ聞いてみましたが、あくまでも無料なのはSIMカードの価格ということで、これに1GB 20CHF(2,300円くらい)の料金がかかるとのことです。(時期によって価格は変動するかもしれません)

日本で買っておきたい

現地でSIMに割く時間が少ない、買えるか心配…な人は日本のAmazonでスイスで使用できるSIMが購入できます。

こちらのSIMはイギリスのThree(3)のプリペイドSIMでヨーロッパなどローミングにも強い製品です。

使い方は簡単でSIMを入れるだけでOK、特別な事をせずいきなり通信が出来るところはありがたいですね。

ただ、その代わりイギリス以外は3G通信となります。通信速度で特に不満は無かったのですが、どちらかと言えばスマホのバッテリーの消費が激しいところの方が影響は大きいでしょう。

キャリアはSunriseとSaltに接続されました。レーティッシュ鉄道の終着点であるティラーノではイタリアの3ITAに接続されました。

1GBタイプ

3GBタイプ

12GBタイプ

スイスは景色が良いのでついついSNSに写真をアップロードしたくなるものです。通信手段はしっかりと確保しておきたいですね!

-スイス, 旅のTips

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

CMHKから中国番号なしの「4G/3G 一咭兩地儲值卡」が登場

1枚のSIMカードで香港と中国の番号両方持てるSIMがあった 香港では、これまで香港と中国大陸の2つの電話番号が扱える4G/3G一咭兩號儲值卡というプリペイドSIMカードがCMHK(中国移動香港)から …

中国高速鉄道の福田駅はキレイで広くて何もない

先日、香港から深圳(深セン)を経由して広州まで行こう…なんて考えていました。 深圳から広州までは中国鉄路高速(CRH)での移動が定番です。 広州へは深圳駅、深圳東駅、福田駅の3つの駅から向かうことが出 …

プライオリティパスを更新!

楽天プレミアムカードを作ると無料で作ることが出来るプライオリティパス。 このプライオリティパスの更新期限である2016年1月が来てしまいましたので更新。 (新しいデザインだ!) Webから更新をする …

桃園国際空港でシャワーを無料で浴びる(出国区域編)

台湾といえば多くの人が使うであろう台北の桃園国際空港、日本からLCCも頻繁に飛ぶようになりとても行きやすくなりました。 ただ、LCCだと深夜発の便も多く結局次の日有給休暇取らないといけないか~…なんて …

機内で熟睡OK!台湾のオンライン入国カードを使う

基本的に外国へ旅行する時は飛行機内で入国カードが配られて機内で書く、もしくは到着後イミグレーション前で書くといった流れが一般的だと思います。 台湾の場合は、オンライン入国カード(Online Arri …