平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

ポーランド 旅のTips

ワルシャワ市内交通(地下鉄、トラム、バス)の切符の買い方

投稿日:

ポーランドの首都、ワルシャワの市内交通の切符の買い方を紹介します。
この切符を購入するだけで地下鉄、トラム、バスのすべてに乗車できるのでコツを掴めば非常にわかりやすいです。

ZTMという会社が運営をしています。
ZTM Warszawa

券売機の操作方法

地下鉄の駅やバス停の近くにある赤もしくは黄色のBILETYと書かれた機械が券売機です。

画面にはポーランド語がデフォルトで表示されるのでイギリスの国旗を押して英語表記にしましょう。

今回は旅行で使う想定なので、通常の紙のチケットを購入します。
「BUY A PAPER TICKET」を押します。

3種類のチケットが表示されますが、旅行者が使うのは左の2つ
・20 MINUTE TICKET
・75 AND 90 MINUTE TRANSFER TICKETS
です。

ここでざっくりと主要な切符を2つ紹介します。

20 MINUTE TICKET

3.4PLN (約110円くらい)
ZONE関係なく20分乗れる

例えば地下鉄だけで近距離移動するくらいなら最安。
ワルシャワ周辺の観光スポットへの片道移動でも地下鉄+トラムといった乗り換えが発生する場合は時間が足りなくなってしまうこともあるので注意が必要。

75 MINUTE TRANSFER TICKETS(ZONE 1)

4.4PLN(約140円くらい)
ZONE 1内で75分乗れる

最も使いやすい切符。旧市街やヴィラヌフ宮殿など、ワルシャワの主要観光スポットはZONE 1で事足ります。

今回はこの75 MINUTE TRANSFER TICKETS(ZONE 1)を購入していきます。

75 AND 90 MINUTE TRANSFER TICKETS→75 AND 90 MINUTE TRANSFER TICKETS→ZONE 1 VALID FOR 75 MINUTES
と選択していきます。

選択が終わると確認が出てくるのでNEXTを押します。

運賃の種類を選択します。STANDARDを選択します。
REDUCED=割引切符を指し、学生の方などは半額になりますが、現地の人に理解が出来る証明書が必要になるのでよほど自信がない限りはSTANDARDを選択したほうが無難です。

枚数を指定します。券を購入しただけではまだ時刻のカウントは開始されないため、後ほど使う予定が見えているのであれば複数枚買っても良いでしょう。

支払いの画面です、現金もしくはクレジットカードを挿入します。
今回はIC付きのクレジットカードを使います。

クレジットカードをICチップ側を上にして券売機に挿入します。

予め設定した4桁のPIN番号を入力してOKボタンを押します。

Prosze wyciagnac karte (カードを引き抜いてください)
と表示されたらカードを抜きます。ATMのように自動では戻ってこないので注意。
また、この状態で放置していると処理がキャンセルになるのでこれも注意。
※黄色の券売機だとピコピコアラームが鳴るのでこれが抜く合図です。

VISAやMasterのコンタクトレスに対応したカードを持っている。もしくはiPhoneのApple PayにMasterカードを登録している場合はタッチするだけで支払いが完了します。

レシートが必要な場合はYESを押します。

これで券が発行されます。場合によっては券だけものすごく時間がかかることもあり不安になることもありますが辛抱強く待ってみましょう。

券は地下鉄の場合改札機でバリデート(打刻)をします。

トラムなどはこういった機械が車内に設置されています。

バリデートすると有効期限が打刻されます。
この時間までに降りる必要があります(乗り越しとかは出来ず罰金になりますのでご注意を)。

-ポーランド, 旅のTips

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

海外旅行者は要チェック!現地のSIMがその場で買える「貼るSIM」

先日アイツーが国内取扱を表明した「貼るSIM」。 携帯電話好きな私としては気になっているSIMカードの1つです。 この貼るSIMについては携帯好きかどうかに関わらず、海外旅行者には便利なSIMカードに …

未アクティベートのCMHK 4G/3G一咭兩號儲值卡を実名登録しに香港へ

最近新しいSIMも出てきた中国移動香港(CMHK)の中国と香港で使えるSIM。 CMHKから中国番号なしの「4G/3G 一咭兩地儲值卡」が登場 香港では、これまで香港と中国大陸の2つの電話番号が扱える …

台灣大哥大(Taiwan Mobile)が計日型のチャージ対応に

台湾での通信手段といえば以前はモバイルルーターやローミングが一般的でしたが、SIMフリースマートフォンがここまで普及すると、じゃあ現地のSIMカードを挿し替えて使ってみようと思う人も多いと思います。 …

ZenFone3 Laserと一緒に海外旅行

レンタルWi-Fiルーターがようやく認知されてきたところですが、1日あたりの利用料金を考えるとちょっと高いなと思ってしまう今日このごろ。 最近は空港の出発エリアを歩いていると「そろそろSIMフリー端末 …

桃園国際空港でシャワーを無料で浴びる(出国区域編)

台湾といえば多くの人が使うであろう台北の桃園国際空港、日本からLCCも頻繁に飛ぶようになりとても行きやすくなりました。 ただ、LCCだと深夜発の便も多く結局次の日有給休暇取らないといけないか~…なんて …