平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

台湾 旅のTips

台灣大哥大(Taiwan Mobile)はユーザー登録しなくてもリチャージ出来る

投稿日:

台湾の通信キャリアである台灣大哥大(Taiwan Mobile)、リチャージが簡単なので私も1つ番号を保持しています。

ただ、この台灣大哥大を使い続けるためには最初の儀式として台湾にいる間にユーザー登録をする必要がある…という説が昔からあります(実際昔はそうだったのです)。

が!

実はユーザー登録しなくてもオンラインでリチャージ出来る方法がありますので紹介。

台灣大哥大 – 預付卡餘額&儲值 – 網路門市

英語なので楽ですね!。

必要な情報は2つ。

電話番号とパスポート番号(2008年7月10日よりも前にSIMカードを開通した人は生年月日を西暦から8文字(yyyymmdd)+パスポートに記載されているローマ字の名前最初の2文字)

あとは画面に表示されているセキュリティコードを入力します。

20160719twm01

すると、現在のプランやデータ通信の残り容量、有効期限などが表示されます。

20160719twm02

30日のデータプランはグレーアウトで選択できず(これはアプリからも同じですが)

支払いはクレジットカードを使いましょう。VISA、Master、JCBが使えます。

20160719twm03

確認画面が表示されますので、選択したプランが問題なければConfirm and Sendを押して終わり。

台湾のプリペイドSIMカードは、購入から半年有効です。もしリピーターの人で近日台湾へ行く予定があるのであれば前回買った台灣大哥大のSIMカードを発掘してオンラインリチャージにチャレンジしてみるのもアリなのかもしれません。飛び立つ前にやっておけば飛行機が到着した直後から通信が出来ますし、空港のカウンターで並ぶ必要もありません。

アプリを使う場合はちゃんと登録が必要でしょうから、もしアプリでチャージしたい!なんて人は台湾へ行った時忘れずユーザー登録をしましょう。

-台湾, 旅のTips

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中国移動香港デュアルナンバーSIMの実名登録を試す

中国大陸では携帯電話契約の実名登録が厳格化されたため、2016年10月31日以降は実名の登録が必須になりました。 これは中国大陸だけの話ではなく、香港の中国移動香港(CMHK)の香港と中国の2つの番号 …

香港エクスプレスをキャンセルする(一部返金あり)

しまった、ダブルブッキングだ 久しぶりにやってしまいました。基本的に私はGoogleカレンダーを使って旅行を管理しているのですが、香港エクスプレスのメガセールで予約した旅程とJGC修行の日程がかぶって …

エバー航空の近距離路線で乗り得シートを狙う

台湾に拠点を置くエバー航空、日本各地の空港でよく見かけるかと思います(なおセントレアは撤退)。 サンリオキャラクターでペイントされた飛行機などでも有名ですね。 今回は近距離路線でボーイング777-30 …

台灣大哥大(Taiwan Mobile)が計日型のチャージ対応に

台湾での通信手段といえば以前はモバイルルーターやローミングが一般的でしたが、SIMフリースマートフォンがここまで普及すると、じゃあ現地のSIMカードを挿し替えて使ってみようと思う人も多いと思います。 …

V-Airがセントレア-台北間のセールを開始

セントレア旅プロジェクト 2000いいね達成記念のセール、先日はTigerAirがセールを開始しましたが、本日深夜1時よりV-Airもセールが開始されました。 利用方法はV-Airの公式ホームページか …