平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

台湾

桃園国際空港 2019/7時点のプリペイドSIMの値段

投稿日:

台北の玄関口、桃園国際空港で販売しているプリペイドSIMカードの値段情報メモ。
尚、この時はCXを使ったため第1ターミナルの例となります。

※2019年7月13日時点

ターミナル1の入国後のエリアにある台湾大手3キャリアのカウンター。
旅行者として最も需要のある3日もしくは5日間データ使い放題については共に300台湾ドル(おおよそ1,000円ちょっと)からのスタート。
3日と5日でどちらも300台湾ドルになっている理由としては、3日の方が通話時間が多く設定されているなどデータ以外の部分で差がつけられています。まぁ通話する人なんてあんまりいないですよね…。
クレジットカードで購入できるのはこのうちの1つ、台湾モバイル(写真一番左)となります。

入国前のエリアでは先程紹介した大手3キャリアに加えてGt(亜太電信)、T STAR(台湾之星)も契約可能です。
どちらも大手3キャリアよりも安い価格が設定されており、Gtなら3日間+1日オマケで230台湾ドル(780円くらい)、T STARなら3日間+2日オマケで250台湾ドル(850円くらい)となっています。
Gtは以前台湾モバイルにローミングしていたので接続に関しては全く問題になりませんでしたが、現在は自前で行っているようなので僻地へ行く可能性がある場合は注意しましょう(そんなに心配するほどでも無いと思いますが)。

奥の方にチラッとみえますが、日本でもおなじみのWi-Hoの窓口では大手3キャリアの1つ中華電信の3日が250台湾ドル(850円くらい)と直営よりも安い値段が提示されているところは気になりました。

Amazonではデータ専用にはなりますが、Gtの5日間の4G LTEに対応したデータ使い放題のSIMが730円で販売していますので、大手キャリアにこだわりがないのであればこれ1枚でOKでしょう(契約の時間も節約できますし)。

最後に海外SIMを使う場合はSIMロックフリー端末を使う、もしくはSIMロック解除がされているか必ず確認してから旅行へ出かけましょう。

-台湾

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ジェットスターで行く台北 2日間(正確には4日間)

深夜便のお陰で時間をフル活用できるジェットスターの名古屋-台北便、その値段の安さはもちろん有給休暇取得不要で行ける手軽さが魅力です(体力については考慮しない)。 今回、夏のコミックマーケットの原稿関係 …

台灣大哥大(Taiwan Mobile)が計日型のチャージ対応に

台湾での通信手段といえば以前はモバイルルーターやローミングが一般的でしたが、SIMフリースマートフォンがここまで普及すると、じゃあ現地のSIMカードを挿し替えて使ってみようと思う人も多いと思います。 …

桃園-台北の空港バス無料券を貰おう!台湾ウェルカムプレゼントキャンペーン2017

台湾観光局は台湾への旅行者向けにキャンペーンを不定期に行っています。 キャンペーンは台湾で便利なものがプレゼントされることが多く、過去MRTやコンビニで使えるオリジナルデザインのEasyCardや空港 …

桃園国際空港でシャワーを無料で浴びる(出国区域編)

台湾といえば多くの人が使うであろう台北の桃園国際空港、日本からLCCも頻繁に飛ぶようになりとても行きやすくなりました。 ただ、LCCだと深夜発の便も多く結局次の日有給休暇取らないといけないか~…なんて …

台北の淡海LRTに乗ってみた

2018年12月に開業した台北の新しい移動手段、淡海LRTに乗ってみました。 LRTというのはライトレールトランジットの略で、台湾では軽軌と書きます。 路面電車と電車の中間的な位置づけの交通手段で日本 …