平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

SFC修行2016 旅のTips

ANA上級会員の目玉?プレミアムエコノミーへアップグレード

投稿日:2017年5月24日 更新日:

2019年9月で本サービスは終了となります。ご注意ください。

ANAのプラチナ、スーパーフライヤーズ(SFC)以上のステータスの場合、エコノミーからプレミアムエコノミーへのアップグレードが追加料金無しで利用可能です。
(正確には変更なのですが、実質アップグレードのようなものなのでこの記事ではアップグレードと記載しています)

このサービスについて実際に使ってみましたので紹介します。

どんなサービスなのか

一番安くて狭いエコノミークラスからワンランク上のプレミアムエコノミークラスに無料でアップグレードできます。
エコノミークラスといっても運賃がピンからキリまでありますが、このサービスはすべてのエコノミークラスの運賃で有効です。もちろんマイルを使った特典航空券でも利用できます。
(アップグレードポイントのような使いづらさはありません)

ただ、あくまでも24時間以内に空いていればの話ですので、アップグレード出来たらラッキーくらいの心構えの方が良いのかもしれません。

事前にやっておくこと

搭乗する機材にプレミアムエコノミー(PY)設定があるか

まず大前提として国際線しかプレミアムエコノミーはありません
国内線のプレミアムクラスとは別物ですので注意しましょう。

次に、搭乗するフライトにプレミアムエコノミー(PY)が設定されているかです。
設定されていないフライトの場合はもちろん使えません。

機種・シートマップで確認ができます。
ここでPYと記載がある機材であればアップグレードの可能性があります。

ざっくりと言えばボーイング777もしくは787の一部しかプレミアムエコノミーはありません。全てではないので自分がどの機種で何席タイプかは把握しておきましょう
セントレアのような地方空港で使用される737-700のような小型機(しかも国内線と共通)ではダメですね。

オンラインチェックイン

24時間以上前にパスポート情報などを登録しておき、オンラインチェックインを完了させます。
完了させておくと、ちょうど24時間前からプレミアムエコノミーへの変更が素早く行えます

当日カウンターで変更も可能ですが、オンラインチェックインと比べると圧倒的に不利になってしまいます。

インターネット環境とスケジュールの調整

オンラインチェックインを使うのですからインターネット環境は必須です。
端末はスマートフォンでもパソコンでも良いでしょう。

また、24時間前に(機内Wi-Fiが使えない)フライト中だったり会議だったりするとせっかくの席が取れない可能性もありますからスケジュールを調整しておくとベスト。

流れ

事前にオートチェックインのメールが送信されます。
送信のタイミングはその日に搭乗する最初のフライト(国内線含む)の約24時間前だと思います。
※必ずしもメールが届いたタイミング=プレミアムエコノミーへの変更ができる ではないので注意。

メール本文に・プレミアムエコノミーのご利用についてとあれば対象になっているはず…

万が一メールが届かなくても、リンク先はフツーのココなのでご安心ください。

国際線出発時刻の24時間前~75分前

に国際線出発の24時間前になれば出てくるはずです。
出ない場合は航空券番号や予約番号を入力して検索しましょう。

基本、座席変更と同じ要領でプレミアムエコノミーへ変更ができます。

フライト24時間前直後の状態(777-300ER 250席仕様)

今回利用したボーイング777-300ERではプレミアムエコノミーは18列から20列に設定されているのですが、ちょうどGW期間中で上級会員が少なかったのかスカスカでした。
※座席にわざわざプレミアムエコノミーとは記載されていないのでシートマップで判断してください。

そこから+7時間後の状態

まだ多少は残っているようでした。

当日乗り込んでみるとプレミアムエコノミーの席はすべて埋まっていました。

席が確保できたら、快適な旅を楽しみましょう

今回はシカゴ行きの10時間以上のフライトで利用したのですが、とても快適でした。
イメージとしては新幹線のグリーン車に近いかもしれませんね。

デザートのプラスワン

プレミアムエコノミーの食事はエコノミークラスと全く同じです。

食後にはハーゲンダッツ。

そして

なにやら雰囲気の違うものが…

ビジネスクラスのデザートがもらえます!ちょっとうれしい!さっきハーゲンダッツ食べた気がするけど!

他にもプレミアムエコノミー「だけ」提供されるものがありますので要チェックですね。
ただ、成田もしくは羽田発着便でしか提供されないようですので注意が必要です。

プレミアムエコノミー 機内食・ドリンク

ノイズキャンセリングヘッドホン

プレミアムエコノミークラスでは、通常のエコノミーとは違いノイズキャンセリングヘッドホンが搭載されています(ビジネスクラスと同等、ファーストクラスはMDR-10RNC)。

ソニー製のMDR-5770(ANA専用仕様と思われる)

ノイズキャンセリングヘッドホンということであればJALのプレミアムエコノミーでも同じなのですが、ANAのノイズキャンセリングヘッドホンはなんと電源がありません(めっちゃスイッチ探していました)。

一瞬航空機用のプラグ?と思いきやプラグが片方細いようです。ここから電源などを取っているようですね。

音としては大したことないというか安物だなオイって感じで持ち込んだMDR-1000Xがますます買ってよかったと感じてしまうほど

乗り物を利用する人的に今のところ最高のノイズキャンセリングヘッドホンだと思います。

修行が終わったら是非とも特典航空券でプレエコを狙おう

スーパーフライヤーズカード(SFC)修行をするとPP以外にマイルも貯まってしまうと思います。
そのマイルでお得にビジネスクラスを!というのも良いのですが、あえてエコノミーにしてプレミアムエコノミーアップグレードを狙うというのもアリかなと思います。
特に私みたいなビジネスクラス並の過剰なおもてなしはいらないとか、意地でもエコノミークラスでマイル節約してやる的な思考の人間には良いサービスだと思います。
どうしても中距離~長距離路線しかプレミアムエコノミーは設定されないため、近距離メインな私ではチャンスが多いとは言えませんが使える時は全力で使っていきたいと思います。

2017年スーパーフライヤーズカード(SFC)を取得する – 平日サラリーマン休日トラベラー

SFC修行が気になってきた人は↑からどうぞ!

-SFC修行2016, 旅のTips

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

深夜便で台北(桃園国際空港)に到着してからの動き方

最近は桃園国際空港に深夜に到着するLCCが増えてきています。 もちろん日本を朝に出発する便もあるのですが、その場合実際に動けるようになるのは昼。 その昼までの時間を無駄にしたくない場合は深夜便がおすす …

【青春18切符でもOK】静岡エリアをホームライナー浜松で快適に過ごす方法(下りのみ)

青春18切符のシーズンになると、大阪や愛知から東京まで上京する人が多いかと思います。 ただ皆口をそろえて「静岡区間が辛い」と言います。実際ずっとロングシートなので辛い人は辛いのかな。 (私はロングシー …

サプライスが最大5,000円割引のキャンペーンを実施

NEW YEAR SALE 5,000円割引キャンペーン HIS系の国際線専門の航空券を販売するサプライスが2016/12/26よりトータル最大5,000円割引となるキャンペーンを実施します。 ざっく …

ZenFone3 Laserと一緒に海外旅行

レンタルWi-Fiルーターがようやく認知されてきたところですが、1日あたりの利用料金を考えるとちょっと高いなと思ってしまう今日このごろ。 最近は空港の出発エリアを歩いていると「そろそろSIMフリー端末 …

シンガポールへ行ったらStarHubのプリペイドSIMをゲットしよう(2018年版)

SINタッチでお馴染み、シンガポールの携帯キャリアとなるStarHubのプリペイドプランが旅行者にかなり便利ですので紹介したいと思います。 StarHubのプリペイドSIMは当たり前ですがシンガポール …