平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

イギリス フランス ベトナム

ベトナム航空で行くイギリス、フランス、ベトナム9日間(その2 ロンドン、コッツウォルズ、フランスへ移動)

2016/11/06

ベトナム航空で行くイギリス、フランス、ベトナム9日間(その1 移動~イギリス南部、ロンドン) - 平日サラリーマン休日トラベラー

↑の記事の続き、第2段となります。今回はコッツウォルズへの移動とそこからコルマールまでの移動を紹介します。
わかる人的に言えばきんいろモザイク行ってご注文はうさぎですか?に移動したと思えばわかりやすいかもしれません。

旅程

9/17 VN347 名古屋(10:30)→ハノイ(13:25)
9/18 VN55 ハノイ(1:10)→ロンドン ヒースロー(7:40)
9/23 VN18 パリ シャルルドゴール(14:00)→9/24 ハノイ(6:20)
9/25 VN346 ハノイ(0:15)→名古屋(6:55)
\63,490 (JTBにて予約)


フライトの情報だけでは何だかよくわからないので…もう少し詳しい旅程がこちら

2016年9月17日

10:30 NGO VN347(A321-200)

13:25 HANベトナム航空ラウンジで待機

2016年9月18日

01:10 HAN VN55(B787-9)

07:40 LHR

ヒースロー空港 ヒースローエクスプレス

パディントン駅
ブリットレイル・ロンドン・プラスパス利用)

パディントン駅

ウェスト・ブロンプトン駅(ホテル最寄り)

ウェスト・ブロンプトン駅

ブライトン駅
ブリットレイル・ロンドン・プラスパス利用)

Sea Life Centre (Stop K)(バス)

Park Centre

opp Hotel (バス)

Railway Station (adj)

イーストボーン駅

ビクトリア駅
ブリットレイル・ロンドン・プラスパス利用)

ibis London Earls Courtで宿泊(\11,697)

2016年9月19日(今回紹介)

パディントン駅
↓(スウィンドン経由)
ケンブル駅
ブリットレイル・ロンドン・プラスパス利用)
ケンブル駅 タクシー(12GBP)

サイレンセスター
サイレンセスター タクシー タクシー(52GBP)

フォス・ファームハウス
フォス・ファームハウスで宿泊
(部屋125GBP+食事28GBPx2+飲み物3GBPx2+TAX20%37GBP=224GBP)
※2人分

2016年9月20日(今回紹介)

フォス・ファームハウス タクシー(20GBP)

チッペナム駅

チッペナム駅
↓(スウィンドン経由)
パディントン駅
ブリットレイル・ロンドン・プラスパス利用)

エッジウェア・ロード駅 地下鉄

キングス・クロス・セント・パンクラス駅

セント・パンクラス駅 ユーロスター

リール・ユーロップ駅 TGV Réseau

ストラスブール駅 TER

コルマール駅
すべて2等車 ユーロスター-TGV-TER通しで153.1ユーロ
Voyages-SNCF利用

コルマールホテルで宿泊(\11,527)

2016年9月21日

コルマール駅 TER

ストラスブール駅
12.6ユーロ

ストラスブール駅 TGV EuroDuplex

パリ東駅
1等車69ユーロ
Voyages-SNCF
利用

パリ東駅

オデオン駅
Ticket+ 1.9ユーロ

Welcome Hotelで宿泊(\15,967)

2016年9月22日

【モンサンミッシェル日帰りツアー】フリープランorガイド付☆モンサン&ノルマンディーのいなか村<日本語>by [みゅう]

ベルトラにて1人77ユーロ(Wi-Fi付きのゆったりバス)

Welcome Hotelで宿泊(\15,967)

2016年9月23日

サン=ミッシェル=ノートルダム駅 RER B

シャルル・ド・ゴール空港第2TGV駅
10ユーロ

14:00 CDG VN18 (A350XWB-900)

9/24 6:20 HAN

2016年9月24日

ハノイ市内(Uber)

2016年9月25日

0:15 HAN VN346 (A321-200)

6:55 NGO

旅の記録

…の前に。今回はきんいろモザイクの聖地が入ってくるのですがここは便利なアプリがあるので活用

行けるアニメ! 舞台めぐり

なぜかiOS10のiPhone7だとカメラが上手く動きませんでしたが、どこが聖地でそれがどの場面なのかわかるので楽。

2016年9月19日

img_0182

朝、ちょっと食料を揃える兼散歩でホテル周辺を歩きます。
写真はノース・エンド・ロード。アラブ系?の食材店が結構あります。

img_0184

生協がありました。

img_0185

モンエナの500ml缶が1英ポンド!他にも全体的にお値段安めでかなり良かった感じ。

img_0188

1英ポンドショップなんてあるんですね。日本で言う百均。

img_0190

ロンドンに結構な店舗数があるArgos。

Argos | Same Day Delivery or Faster In-Store Collection

スマートフォンはもちろん家電、化粧品、おもちゃ、スポーツ用品などなどいろいろ揃っている店です。

img_0192

とはいえ店にはカウンターとこの端末があるだけ。
そう、この端末を操作してほしい商品を選び、カウンターで受け取るスタイルです(本当は他にも買う方法はありますが)。
ヨドバシのネットで注文→店舗受け取りをその場でやっているようなイメージ。

事前に山根博士にここは良い!と教えてもらっていたところで、記事にもなっています。

英語が話せなくても5分でSIMフリースマホを買えるロンドンの店 - 週刊アスキー

img_0193

今回朝食で訪れたお店がLove Walk Cafeです。

img_0198

この日の朝食メニューはこちら。
洒落たカフェなんですが朝食がおおよそ1,000円以下ですし、紅茶も沢山飲めますからコスパ高し

img_0196

今回はちょっとお安くなっている上にイギリスでの朝食の基本って感じのFull English Breakfast 6.5英ポンドを選択。

img_0197

店内の様子。

dsc00067-2

最寄りのFulham Broadway Stationから移動

ビクトリア駅(Victoria Station)で降ります。
昨日の晩移動したところを朝再び訪れました。

img_0206

イギリスのスマホショップといえばCarphone Warehouseでしょう。

img_0210

Xperia X CompactはO2のショップよりは安かった。
店にはTAX FREEと書かれているのですが、実際買おうとすると「無理」と言われてしまうためどうしたものか…

dsc00099-2

ウェストミンスター寺院へ行ったらこの大行列。大手サークルかよ。

dsc00109-2

仕方がないのでバッキンガム宮殿へ、そういえばここもきんいろモザイクで出てきましたね。

ま、時間がないのでここから見るだけですが…

dsc00122-2

St. James's Parkからスーツケースを受け取るため再びホテルへ。

いつもWest Bromptonで降りていたのですが、今回は一つ前のEarl's Court Stationで降ります。

dsc00125-2

こんな町並みの中を歩いていきます。

img_0223

あ、そういえばこの墓地のあたりけいおん!で出てきたな…

img_0232

パディントン駅周辺

img_0235

そういえばフィッシュ・アンド・チップス食べてないな…ということでパディントン駅近くにあるMICKY'S FISH & CHIPSへ

列車の時間に余裕が無いためテイクアウト(それでも結構時間かかったけど)

MICKY'S SPECIALで5.95英ポンド、1ドリンク付き

dsc00130-2

滑り込みでパディントン駅発の列車に乗車。
切符はブリットレイルパスがあるので買わなくてもOKなのはやはり楽。

img_0239

車内で先ほど買ったフィッシュ・アンド・チップスを食べます。
このあたりからポテト飽き症が出たのか、ポテト1/3くらい残しました。

img_0241

どんどん西へ進んでいきます。

img_0246

途中スウィンドン(Swindon)で乗り換え。

dsc00137-2

ケンブル駅で下車。ここはきんいろモザイクのシノが降りた駅ですね。
ハローしか喋れないのにここまで来れたのすげぇとしか言いようがない。

20181004_z1

ここからサイレンセスターまでのバスはあまりにも少ない…

img_0253

ケンブル→サイレンセスターまでの移動で12英ポンドでした。

img_0255

img_0257

dsc00155-2

何をやっていたかというとこんな感じにアプリ上で表示される場所とアニメのシーンを重ねて遊んでいました
非常に便利!優秀!

dsc00160-2

つよそう

dsc00172-2

一通り街をまわり

img_0292

タクシーでフォスファームハウスへ移動です。(時間的にハイブリーまでは行かない)
結構距離があるのでGoogleMapでここ!と伝えながら(カーナビに住所を入れて完了)。

移動中、空港が見えたのですが…

img_0297img_0293

とても生きている気がしない空港、コッツウォールド空港を横切ります。

生きている気がしない理由は、この空港が飛行機の解体やリサイクルされる場所だからです。
(実はエアバスのA350XWBの試験機が認証試験で飛来したこともある空港)

次はゆっくり見てみたい…なんて思ってしまいますね。

dsc00219-2

フォスファームハウスに到着(きんいろモザイクのアリスの家のモデルとなった場所)

dsc00221-2

オーナーのキャロンさんが「ハロー」で出迎えてくれました

img_0310

熱い聖地アピール!

dsc00227-2

img_0299

リビングルーム(実は別の家)

dsc00189-2

ひつじのショーンの大型モデルがあります(チャリティーオークションで入手したもの?)。

detail | Shaun in the City

1つ1つ手作りでオンリーワンな物となっています。

dsc00193-2

きんいろモザイクでも出てきたらしい(僕はヌルいので知らなかった)

dsc00195-2

アリスパパカー(動くらしい)

dsc00213-2

こっちは動かないらしい。動かすにはかなりのオーバーホールが必要そう…

img_0312

今回泊まるピンクルーム(アリスの部屋モデル)

img_0316

出てくるのはここなんだけどね!ベビーベッド

img_0341

ちなみにタンスの中には東芝製テレビが入ってるぞ!

dsc00354-2dsc00356-2

こちらがパインルーム(シノが泊まった部屋モデル)
撮らせてもらいました。

img_0342

1階のリビングルーム。

img_0343

きんいろモザイクに占拠されている。

img_0323

夕食まで少し時間があるので散策、カースル・クームまで歩いていきます。
ここは英国でもっとも美しい村に選ばれたこともある村のようで期待できそう。

手作りの地図がもらえるので安心(携帯の電波は怪しい)

dsc00256-2

ゴルフ場を通っていきます。

dsc00263-2

こんな道も通ります。暗くなると怖そう…

dsc00264-2

ここを抜けると道と言って良いのかわからない道はおしまい。

dsc00265-2

町並みが見えてきます。

dsc00274-2

聖アンデレ教会

img_0330

教会内部

dsc00280-2

無人お菓子販売

dsc00287-2

img_0332

img_0336

ここからの眺めが良い

dsc00314-2

突然やってきた旧車軍団、違和感無しすごい。

img_0337

そろそろ暗くなってきそうだったのでもと来た道を戻っていきます。

img_0348img_0351dsc00363-2dsc00366-2

夕食です。久しぶりにまともな食事を食べた気がするぞ。

夕食を食べたら眠くなり即寝落ち…

2016年9月20日

img_0364

フォスファームハウスの朝

img_0363

イングリッシュブレックファーストを食べました

今日はあまりゆっくりは出来ないので朝食後散らかった荷物を整理してチェックアウト準備。

img_0372

短い間でしたが、オーナーのキャロンさん、ボランティアスタッフのタクミさんお世話になりました。

最後お別れ時にずっとハローを連呼していただきなんかもう最高でしたね!

img_0375

手配していただいたタクシーに乗って今回はチッペナム駅へ

img_0382

チッペナム駅に到着。フォスファームハウスからここまで20英ポンドでした。

dsc00401-2

スウィンドン行きの列車に乗ります。

dsc00423-2

スウィンドン駅でロンドンのパディントン行きに乗り換えです。

img_0421

パディントン駅に到着

dsc00438-2

ロンドン市内でも実はアニメに出てくるんですよねそういえば

img_0439

パディントン駅から歩ける範囲にあるCarphone Warehouseで免税行ける?
無理→終了

img_0441

Xperia XZもXperia X Compactも両方発売しているイギリス。
世界に先駆け発売されているので現地に居ると無駄に欲しくなります。
免税が行けたら買っていたかもしれない。(お店にTAX FREEって書いてあるんだけどね…)

img_0444

地下鉄的にはパディントン駅の次となるエッジウェア・ロードから乗ります。

img_0447

セント・パンクラス駅に到着。ここがユーロスター発着の拠点となります。

img_0450

開放感高し

dsc00458-2

特に遅延もなく移動できたので時間が余ってしまいました。
なので隣りにある大英図書館へ行って…入場拒否されました(荷物がデカイ)

img_0462

セント・パンクラス駅にあるツーリストサービス。

img_0461

ここで各社のプリペイドSIMカードが買えるので、ユーロスターでイギリスに到着した人はここで買ってみても良いかもしれない。

img_0464

搭乗ゲートから入ります(液晶モニターに対象の列車が表示されれば入れる)。
ここで荷物検査や出国手続きを行います。列車に乗るというより飛行機に乗ると考えたほうがイメージし易いかもしれません。
今回はパリ行きではなく、ブリュッセル行きに乗り、途中のリールで降ります。

img_0465

待合室に両替屋があったので残ったポンドをすべてユーロに両替しました。

dsc00467-2

左:ICEベースのユーロスター、右:TGVベースのユーロスター
今回はTGVベースのユーロスターに乗ります。

img_0486

1994年の開業当初から動いているアルストム製。

img_0488

若干の古さは感じる。網棚が2段という所にビックリ。

img_0499

英仏海峡トンネルを抜けると携帯もフランスキャリアに変更(3UK→Orange)。
そしてフランスのリールに到着。

img_0509

せっかくなので外に出てみる。
広いけれど駅出口周辺には特にこれといった何かがあるわけでは無い。

img_0512

フランスでは切符を買ってもちゃんとバリデートしないとダメなので注意が必要。

img_0516

TGV Réseau(レゾ)

dsc00475-2

内装はクリスチャン・ラクロワの新デザイン仕様になっていました。

img_0534

終点のストラスブールに到着。

dsc00477-2

ここからいわゆる普通列車的なTERに乗り換え。

dsc00483-2

目的地のコルマールに到着

img_0544

駅から近くにあるコルマールホテルに到着。

dsc00488-2img_0545img_0546

古いホテルも味があって良いのですが、ここみたいに新しいホテルも清潔で良いですね。

まだ少し時間があるので夜のコルマールを散策してみようと外に出てみました。

img_0549

Cour d'appel De Colmar、コルマールの裁判所ですね。
ライトアップは夜11時くらいまでやっているようです。

dsc00493-2

比較的明るい場所も多く、旧市街での飲み帰りの人たちもいるため夜のパリを歩くほど緊張感は無くて良いかも
(とはいえ人気のない場所、暗い場所はありますから注意はしてくださいね)

dsc00503-2

テュレンヌ通りとロシュ川がクロスした場所。
コルマールといえば!な撮影ポイント。

ここまでの感想

イギリスの西にあるきんいろモザイクの聖地を堪能して、鉄路で一気にフランスの東のご注文はうさぎですか?の聖地まで移動するという結構ハードな旅程でした。
フォスファームハウスはきんいろモザイクの聖地的にかなり満足度が高いのはもちろんなのですが、スタッフの方がとにかく親切で例え私がきんいろモザイクという作品を知らなかったとしても満足できたことでしょう
写真撮影は禁止だったので紹介できませんが、声優や原作者からの直筆メッセージ入りの色紙などもありファンであれば120%楽しめる、そんな場所だなと思います。
また来たいな…

フォスファームハウスは予約サイトには多分出てこないですから、自力でメールでの予約が必要です。
正直どう予約したら良いのかわからなかったのですが、とりあえず
・泊まりたい日程
・人数
を伝えればOKでした。
私は最初日本語で送ったら返信が英語で返ってきたのでそれ以降は英語で行いました。
その後料理はどうするか?とか予約確保のためにクレジットカード番号を教える(ちょっと心配ではありますが)とかやり取りをして予約確定となります。

最終的な支払いは現地で行います。クレカもOKですがちょっと手数料が乗ります。

ロンドンでユーロスターに乗りTGV、TERでコルマールまで行きましたが、このチケットは通しでVoyages-sncfで購入

なんといってもメリットは返金不可ですが安いチケットがあるという点でしょう。日本の新幹線と違いTGVやユーロスターは航空券のように価格が上下しますから注意。
早めに予約が安心ですが、直前で驚きの値段が出てくることも?(何故か2等よりも1等の方が安いなど)、
チケットはスマホで2次元コード表示やチケットの配送など選べますが、何故か私の場合はチケット配送しか選択出来ませんでした。
そもそも日本に送ってくれるの??と心配になるかもしれませんが、ちゃんと日本の自宅に届きました。なぜか発送はドイツでしたけどね!
チケット配送の場合、何日に出発するのか選択してちゃんと届くか想定されているのですが、自分の場合は+3日程度余分にかかってしまいました。
出来れば表示されている日数+1週間くらいは余裕をもっていたいところ。
間に合わない場合はスマホアプリ(GooglePlay、AppStore共にSNCFで検索すれば出てきます)で予約すれば良いかと思います。

サポート面が心配ということであれば日本語で予約が行えるレイルヨーロッパジャパンがおすすめです。
よくジャパンはボッタクリボッタクリと言われますが、返金不可な割引料金を使わなければそんなに違いは無いのでは?というイメージ(当時Web上で比較した限りでは)

次の記事はこちら

ベトナム航空で行くイギリス、フランス、ベトナム9日間(その3 コルマール、パリ) - 平日サラリーマン休日トラベラー

-イギリス, フランス, ベトナム