平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

イギリス フランス ベトナム

ベトナム航空で行くイギリス、フランス、ベトナム9日間(その3 コルマール、パリ)

2016/12/27

ベトナム航空で行くイギリス、フランス、ベトナム9日間(その2 ロンドン、コッツウォルズ、フランスへ移動) - 平日サラリーマン休日トラベラー

↑の記事の続き、第3段となります。今回はコルマールの観光からストラスブールを経由してパリまでの移動を紹介します。

旅程

9/17 VN347 名古屋(10:30)→ハノイ(13:25)
9/18 VN55 ハノイ(1:10)→ロンドン ヒースロー(7:40)
9/23 VN18 パリ シャルルドゴール(14:00)→9/24 ハノイ(6:20)
9/25 VN346 ハノイ(0:15)→名古屋(6:55)
\63,490 (JTBにて予約)


フライトの情報だけでは何だかよくわからないので…もう少し詳しい旅程がこちら

2016年9月17日

10:30 NGO VN347(A321-200)

13:25 HANベトナム航空ラウンジで待機

2016年9月18日

01:10 HAN VN55(B787-9)

07:40 LHR

ヒースロー空港 ヒースローエクスプレス

パディントン駅
ブリットレイル・ロンドン・プラスパス利用)

パディントン駅

ウェスト・ブロンプトン駅(ホテル最寄り)

ウェスト・ブロンプトン駅

ブライトン駅
ブリットレイル・ロンドン・プラスパス利用)

Sea Life Centre (Stop K)(バス)

Park Centre

opp Hotel (バス)

Railway Station (adj)

イーストボーン駅

ビクトリア駅
ブリットレイル・ロンドン・プラスパス利用)

ibis London Earls Courtで宿泊(\11,697)

2016年9月19日

パディントン駅
↓(スウィンドン経由)
ケンブル駅
ブリットレイル・ロンドン・プラスパス利用)
ケンブル駅 タクシー(12GBP)

サイレンセスター
サイレンセスター タクシー タクシー(52GBP)

フォス・ファームハウス
フォス・ファームハウスで宿泊
(部屋125GBP+食事28GBPx2+飲み物3GBPx2+TAX20%37GBP=224GBP)
※2人分

2016年9月20日

フォス・ファームハウス タクシー(20GBP)

チッペナム駅

チッペナム駅
↓(スウィンドン経由)
パディントン駅
ブリットレイル・ロンドン・プラスパス利用)

エッジウェア・ロード駅 地下鉄

キングス・クロス・セント・パンクラス駅

セント・パンクラス駅 ユーロスター

リール・ユーロップ駅 TGV Réseau

ストラスブール駅 TER

コルマール駅
すべて2等車 ユーロスター-TGV-TER通しで153.1ユーロ
Voyages-SNCF利用

コルマールホテルで宿泊(\11,527)

2016年9月21日(今回紹介)

コルマール駅 TER

ストラスブール駅
12.6ユーロ

ストラスブール駅 TGV EuroDuplex

パリ東駅
1等車69ユーロ
Voyages-SNCF
利用

パリ東駅

オデオン駅
Ticket+ 1.9ユーロ

Welcome Hotelで宿泊(\15,967)

2016年9月22日

【モンサンミッシェル日帰りツアー】フリープランorガイド付☆モンサン&ノルマンディーのいなか村<日本語>by [みゅう]

ベルトラにて1人77ユーロ(Wi-Fi付きのゆったりバス)

Welcome Hotelで宿泊(\15,967)

2016年9月23日

サン=ミッシェル=ノートルダム駅 RER B

シャルル・ド・ゴール空港第2TGV駅
10ユーロ

14:00 CDG VN18 (A350XWB-900)

9/24 6:20 HAN

2016年9月24日

ハノイ市内(Uber)

2016年9月25日

0:15 HAN VN346 (A321-200)

6:55 NGO

旅の記録

2016年9月21日

img_20160921_074620

3HKのSIMはもちろんフランスでも使うことは可能ですが、既に速度が虫の息だったのでこちらはXperia Z5 Compactへ移動。

img_0594

代わりに投入するSIMはauのポストペイド回線。ふつーのiPhoneのLTE回線ですね。
8月から開始したauの世界データ定額を有効活用します。
日本で使っている7GBの枠内でしか使えませんが、980円/24時間は正直大手3キャリアの中では一番使える料金システムだと考えています。

月1でこの980円が無料になりますから今回au回線を2つ持ってきました(もちろんその月はau全く使っておらず温存していました)w

img_0598

コルマールホテルでの朝食です。パンハムチーズといえばピンとくるでしょう?

dsc00580-2

さっそく旧市街に移動しました。
夜景も良かったですが朝も良いですね~!

dsc00590-2

コルマールでは汽車型のバスが走ってます。

dsc00592-2dsc00594-2

dsc00511-2

ご注文はうさぎですか??のエンディングテーマの場面でもお馴染みの場所

img_0613dsc00510-2

川の近くにはマーケットがあります。夜はラスボスが居る城かよっていうくらい青かったんですがw

img_0615

中はちゃんとマーケットしてました。ラスボスは居ません。

img_0621

コルマールにも名古屋(レストラン)がある…

img_0623

メニューはこんな感じ。
惜しい日本語はありますが…一応名古屋城があるので名古屋なんでしょう

dsc00601-2dsc00629-2

ここはジブリアニメ、ハウルの動く城のプフィスタの家のモデルになったとか。

img_0638

適当に写真を撮ればとりあえず「ごちうさだろこれ!」って感じです。

img_0624

ここがごちうさのチノの家のモデル…と言われているところ。
レストランのRestaurant Au Chasseurです。

img_0652

せっかくなので昼食をここで食べようと思います。

img_0651

オススメメニューでいくつかあったので、一番上の17.5ユーロのものを注文。
(だいぶ通貨感麻痺していたけれど2千円くらいですね)

img_0655

最初にプレッツェルが出てきました。

img_0659

oh...ポテト

img_0664

サラダも出てきます。そりゃポテトだけじゃ…ね?

dsc00618-2

食べ終わったところで少しずつ駅に向かっていきます。
というのもパリ行きのTGVを既に予約しているので遅れるとキツいからです。

ここはごちうさのココア達が通う学校のモデル…だとか
本来の姿はメディアカルチャーセンターです。

dsc00654-2

ここはごちうさの甘兎庵のモデルになったところと言われている場所

ホテルの隣ですね

dsc00620-2

旧市街といえばこんな感じの看板が至る所にあります。
これはうさぎですね、なんというかぴょんぴょん。

img_0628

コルマールの旧市街でも、家電量販店(fnac)はちゃんとあります。

dsc00668-2

広い公園…シャン・ド・マルス(Champ de Mars)です。
野うさぎでも居たらなぁなんて考えていました。

img_0670

コルマールホテルで荷物を受け取り、コルマール駅へ
ここからストラスブールへの切符を買いTERに乗ります。

img_0672

バリデーションは忘れずに

dsc00689-2

14時6分発の電車に乗ります。
日本人はアニメとか縁がなさそうなカップルが1組居ました。

dsc00693-2

到着

img_0674

古そうな客車なんですが、中はそこそこ綺麗。

dsc00710-2

ストラスブールに到着。
次の列車まで少しだけ時間があるので外に出ます。

img_0677

コルマールよりは都会な感じ。
逆に言えば少し気を引き締めていかないといけません。

dsc00721-2

普段馴染みのないからこそ、ヨーロッパの街はついつい写真を撮ってしまいます。

dsc00724-2

本当はこの先にあるストラスブール大聖堂へ行きたかったのですが時間的に折り返し。

dsc00729-2

路面電車も走っています。

dsc00750-2

2011年に投入された最新型TGV EuroDuplexに乗ります。

dsc00752-2

13号車

img_0690

1階席の1等車。いつもはビンボー人なので2等車で十分と思う所ですがせっかくなので1回は1等車にしました。
値段は?ってところですがこんな感じ。

img_0025

今回は2人で138ユーロ払い1等車を予約しました。

img_0001

ただ悔しいことにその前日の夜は2等車よりも1等車の方が安いことを確認していたのですが…無念

このように価格が生き物のように変わるところがSNCFなんだなぁと思うところです。
なんというか飛行機に近いですね。

img_0698

修羅の国パリ東へ到着。パリは今回で2回目。

dsc00759-2

高速鉄道を横から撮ると、グッとくるカッコよさがあります。

img_0707

地下鉄1回1.9ユーロ。チケットプラスってやつですがつまり1回乗れる券です。

img_0706

改札です。

img_0708

地下鉄はスリが多いので気を引き締めます。

img_0713

今回の宿、Welcome Hotelに到着。チェックイン時に歩いて観光するモデルプランを紹介してもらえました。
非常にありがたい。

dsc00768-2

セーヌ川から見る夕日

dsc00777-2

ルーブル美術館です。時間も時間なんで入りません。

img_0721

人が多いので、都市なんだな…と感じます。

img_0723

Galaxy Note7、このときはまだ改善されて出荷する未来があった時代です。

img_0724

マドレーヌ寺院。

dsc00800-2

コンコルド広場です。だいぶ暗くなってきました。

dsc00804-2

ここから見える凱旋門に向けて望遠レンズで撮影している人がいましたが、望遠レンズだといい写真撮れるだろうなぁと思いました。
私はα6000とSEL1670Zなのでここが限界。

dsc00809-2

ここから凱旋門へ歩いていきます。途中、更に暗くなり電灯がつきました。
それにしてもかなり遠いですね…凱旋門。

dsc00812-2

シャンゼリゼ通りを進みます。だんだん店が増えてきました。

dsc00818-2

ようやく近くに凱旋門が見える所まできました。

 

img_0749

せっかくなのでチケットを買って入場。クレジットOK。

img_0734

そういえば前回はツアーでエレベーターを使った記憶があるけれど今回はもちろんそんなものは使えないためひたすら登ります…これは辛い…ぞ?

dsc00853-2

登った先にはこの夜景が待ってます。途中で諦めなくてよかった。

dsc00876-2

デッキはこんな感じ。

dsc00862-2

ちょうど9時だったのでエッフェル塔のキラキラなライトアップが見られました。

dsc00897-2

じゃあ次はあのエッフェル塔へ行こうということで向かう途中に22時のキラキラなライトアップが。

dsc00903-2

近くまで来ると、デカさがわかりますね。

img_0758

さすがに歩き疲れたのでメトロで帰ります。

img_0763img_0759

ホテルへ帰ってからそういえば飯食べてないな…ということでホテル近くのここへ。

デパートにある惣菜屋みたいなものですね。中華が多い?かも。
もちろんお店でも食べられます。地元の人が結構居座ってました。

img_0761

ワンタンメンを食べます。これでだいたい10ユーロくらいなので物価の高いパリでは安いほうかな?とは思います。
ただ、店の衛生面では備え付けの酢に虫が沈んでたりと衛生面ではお世辞にも最高とは言えないため、人によっては評価が別れるかもしれない。
アジアを良く旅する人なら全く問題ないレベル

24時間営業のコンビニも無いし、スーパーも閉まってしまったのでここで水も購入しています。
とりあえずそのあたり歩けばコンビニがある日本って良いなぁと思う瞬間です。

ここまでの感想

ご注文はうさぎですかの聖地コルマールを存分に楽しむことが出来ました。
コルマール自体は旧市街に絞ればそこまで広い地域でもないですし、適当にブラブラしていても十分楽しめます。

ヨーロッパは都市の立派な町並みも良いですが、コルマールのようなかわいい街というのもアリだと思います。
特にヨーロッパでファンタジーな世界を感じたいのであればコルマールは有力な候補となるでしょう。

夜のパリを歩くというのは初体験だったのでとても楽しかったですね。ただ、思ったよりも歩くためかなり足腰に負担がかかりますから地下鉄などを細かく使っていくのもありかもしれません。

また、パリでは1日中言えることですがスリには気をつけてください(夜のパリをフラフラ歩いている僕が言っても説得力ないですけどね)。

ベトナム航空で行くイギリス、フランス、ベトナム9日間(その4 モン・サン・ミッシェル-CDG空港) - 平日サラリーマン休日トラベラー

-イギリス, フランス, ベトナム