平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

台湾 旅のTips

台灣大哥大(Taiwan Mobile)が計日型のチャージ対応に

投稿日:

台湾での通信手段といえば以前はモバイルルーターやローミングが一般的でしたが、SIMフリースマートフォンがここまで普及すると、じゃあ現地のSIMカードを挿し替えて使ってみようと思う人も多いと思います。

私もその一人で、台湾では現地のSIMカードを毎回空港で購入し使っていました。
現在は、台湾で決まった番号をたまにチャージしながら維持しています。

番号変えたくないですし、空港に着いたらすぐ使いたいですからね。

私は、オンラインチャージの容易さと、最初に4G LTE対応プリペイドSIM発行の関係もあり台灣大哥大(Taiwan Mobile)を使っています。

空港では3日300台湾ドルといった使い放題なプランが選択できたのですが、使い終わり再度リチャージ後は容量を購入する計量型のプランしか選択できないところがネックでした。
計量型のプランの場合、例えば1.2GBが180台湾ドルで購入できますが、せいぜい数日しか居ない私にとってその期限は60日とちょっと無駄です。また、ちょっと動画を流してしまうと1.2GBはあっという間に無くなってしまうことでしょう。

というところがこれまでの話、久しぶりに台灣大哥大のアプリを開いてみると

IMG_2496

空港でしか買えないはずだった計日型のプランがチャージできるようになっていました。
しかも空港のプランには存在しない1日100台湾ドルという弾丸トラベラー向けのプランも!

IMG_2497

選択できるプランは以下の4つ

100台湾ドル 1日プラン
300台湾ドル 3日プラン
500台湾ドル 5日プラン
899台湾ドル 30日プラン(10GB使うと速度が5Mbps以下に制限)

空港プランには無いメニューが新たな選択肢を広げる感じですね。
ただ、今回のリチャージの場合は通話料のボーナスはつかないと思います。

(それにしてもいつの間に始まっていたんだろう…)

台灣大哥大

-台湾, 旅のTips

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ジェットスターの国際線がセール中!裏技も適用可能!

ジェットスターが国際線のセールを実施中です。期間は1週間で2/19 10:00まで セール情報はこちら 4月からサーチャージがかからない影響で以前よりもさらに安くなりました(悔しい) 注目すべき路線は …

深夜の国光客運1819を攻略する(桃園空港-台北駅)

台北の玄関口、桃園国際空港から台北駅へ移動する国光客運の1819というバス路線があります。 このバス路線ですが、日中はもちろん深夜も運行されておりLCCなど深夜便で訪台した旅行者も便利に使えます。 し …

中国移動香港デュアルナンバーSIMの実名登録を試す

中国大陸では携帯電話契約の実名登録が厳格化されたため、2016年10月31日以降は実名の登録が必須になりました。 これは中国大陸だけの話ではなく、香港の中国移動香港(CMHK)の香港と中国の2つの番号 …

セントレア T2出発ロビーまでどれだけ時間がかかるか

2019年9月20日。中部国際空港(セントレア)にターミナル2(T2)がオープンしました。 LCC向けのターミナルとなるT2ですが、従来のターミナル(T1)よりも離れている場所にあるため、なかなか時間 …

桃園国際空港 2019/7時点のプリペイドSIMの値段

台北の玄関口、桃園国際空港で販売しているプリペイドSIMカードの値段情報メモ。 尚、この時はCXを使ったため第1ターミナルの例となります。 ※2019年7月13日時点 ターミナル1の入国後のエリアにあ …