平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

スイス 旅のTips

スイス・チューリッヒ空港でSIMが買える場所

投稿日:

スイスの玄関口とも言えるチューリッヒ空港(ZRH)、ここでSIMカードが購入できる場所を紹介します。

併設のエアポートセンターへ行こう

多くの空港では到着ロビーに通信キャリアの窓口があるものですが、チューリッヒ空港の場合は併設のエアポートセンターへ行きましょう。

場所がよくわからない場合は、駅に向かっていけばOK(エアポートセンターの地下が駅のホームです)

SIMカードが購入できるキャリア

政府が半分ほど株を保有しているSwisscom。最大手らしい。

第2位らしいSunrise。別ブランドのyalloも扱っています(ソフトバンクとワイモバイル的な位置づけ)

相場はどれくらい?

今回、Sunriseにyalloブランドで「無料SIMカード」とあったのでホイホイ聞いてみましたが、あくまでも無料なのはSIMカードの価格ということで、これに1GB 20CHF(2,300円くらい)の料金がかかるとのことです。(時期によって価格は変動するかもしれません)

日本で買っておきたい

現地でSIMに割く時間が少ない、買えるか心配…な人は日本のAmazonでスイスで使用できるSIMが購入できます。

こちらのSIMはイギリスのThree(3)のプリペイドSIMでヨーロッパなどローミングにも強い製品です。

使い方は簡単でSIMを入れるだけでOK、特別な事をせずいきなり通信が出来るところはありがたいですね。

ただ、その代わりイギリス以外は3G通信となります。通信速度で特に不満は無かったのですが、どちらかと言えばスマホのバッテリーの消費が激しいところの方が影響は大きいでしょう。

キャリアはSunriseとSaltに接続されました。レーティッシュ鉄道の終着点であるティラーノではイタリアの3ITAに接続されました。

1GBタイプ

3GBタイプ

12GBタイプ

スイスは景色が良いのでついついSNSに写真をアップロードしたくなるものです。通信手段はしっかりと確保しておきたいですね!

-スイス, 旅のTips

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タイ バンコクトランジットで入国したら空港税が必要

タイ国際航空の拠点バンコク(スワンナプーム)でトランジット(24時間以内乗り継ぎ)をするとき、入国するか、入国せず制限エリアに留まるか迷う人も多いでしょう。 今回は入国を選択したときにかかる空港税につ …

桃園国際空港でシャワーを無料で浴びる(出国区域編その2)

台湾 台北の桃園国際空港から深夜出発で出発する場合、フライト前にシャワーを浴びる記事を12月に書きました。 桃園国際空港でシャワーを無料で浴びる(出国区域編) T1にも新たにシャワー室が開設されました …

5000マイルで日本中を飛べるMileagePlus セゾンは旅好き向けカード!

  実は私が現在使っているメインカードがユナイテッド航空のMileage Plusセゾンなんです。 スーパーフライヤーズカード(SFC)修行の方にも取得後かなり有効活用できるカードになるはず …

台灣大哥大(Taiwan Mobile)はユーザー登録しなくてもリチャージ出来る

台湾の通信キャリアである台灣大哥大(Taiwan Mobile)、リチャージが簡単なので私も1つ番号を保持しています。 ただ、この台灣大哥大を使い続けるためには最初の儀式として台湾にいる間にユーザー登 …

深夜便で台北(桃園国際空港)に到着してからの動き方

最近は桃園国際空港に深夜に到着するLCCが増えてきています。 もちろん日本を朝に出発する便もあるのですが、その場合実際に動けるようになるのは昼。 その昼までの時間を無駄にしたくない場合は深夜便がおすす …