平日サラリーマン休日トラベラー

休日くらい旅行したい!

マレーシア 旅のTips

マレーシア国立動物園(ZOONEGARA)へLRTとバスで行く

投稿日:2018年8月18日 更新日:

マレーシアのクアラルンプールは日本からの観光地として有名ではありますが、実際そこまで行くところもありません。リピーター的にはだんだん「行くところが無い」と感じてしまうため、ちょっと郊外の場所を探すか…なんて思うことでしょう。

今回紹介するマレーシア国立動物園(ZOONEGARA)は地球の歩き方でもクアラルンプール郊外の観光地としてバトゥ洞窟と同列に紹介されており期待が持てます。なにしろ国立ですからね!よくわからないけど謎の信頼感があります。

ただ、地球の歩き方に書かれている行き方がLRTとタクシーの合わせ技なのでタクシーは高いという謎の印象操作が行われている私にとってはちょっと敷居が高かったので、ここはバスで行ってやろうと思いました。

(本当はGrabタクシーで良いと思いますよ、安いし)

KLセントラルからLRTに乗る

クアラルンプールのターミナル駅であるKL Sentralからスタートします。

この路線図見ながら実際10分くらい迷ってました。

今回乗るのは5番のLRT KELANA JAYA LINEでGOMBAK行きに乗り、Wangsa Maju駅まで行きます。

Wangsa Maju駅、高層ビルの多いクアラルンプールとはまた一味違う風景が楽しめます。

寄り道:駅からすぐの場所にあるローカルフード店

そういえばご飯食べてなかった…ということでこの駅から歩いて1分圏内で腹ごしらえです。
動物園で食べるとなんか高そうですしね…。

メニュー(もちろん日本語メニューとかありません)

ナシレマとアイスティーでRM5くらい、日本円でも150円してません。

253バスを目指す

駅からバス乗り場を目指します。バス乗り場はいろいろあるのですが、駅の真下のバス乗り場を目指します。

253バスで動物園前まで行く

253バスの案内がありますね、ここのSTESEN LRT WANGSA MAJUからZOO NEGARAまで移動します。歩くと40分くらいの距離。ただ、この看板のある道路沿いで待っていても一向に到着しません。

GoogleMapからもバスの運行情報が取れないため若干心配になってきます…。

と思ったらターミナル内に253バスが居ました(到着時は何も表示がなかったのに!)。ここが始発なんですね。

クアラルンプールの交通系ICカードのmyrapidがあると小銭を用意しなくて楽です。
ただでさえ見知らぬ土地で他に気を配らないといけないところですから、ICカードを使うことで小銭のことを考えないで済むのはとても助かります。

rapidKLのバスに乗る方法は
・乗車時:前のドアにあるICカードリーダーにタッチ
・降車時:真ん中のドアにあるICカードリーダーにタッチ
でOKです。日本のバスと同じで降りるバス停の一つ前を過ぎたら降車ボタンを押しましょう。

ちなみに今回は片道RM3.8でした。

降りるバス停を間違えると致命傷なので、乗車中はGoogleMapで自分の位置と目的地を確認しておきましょう

バス降りたところ

とりあえず駐車場っぽいところに着きました、キョロキョロしてたらおっちゃんにコッチコッチと方向を教えてもらいました。そのまま突っ切っていけば良いようです。

エントランスに到着

入園料

入場料は外国人だとRM80です。2,000円ちょっとですかね…さっきのローカルフードと比べると悲しい。

支払いはクレジットカードでもOKで、VISA、Masterが使えます。本当はJCBマークもあったのでJCBで支払おうとしましたが、しつこくVISAかMaster無いか!?と言われしまい仕方がなくMasterで支払いました。

どうなのさ動物園は

動物園の規模としては歩いてなんとかすべてまわれるレベル。
動物との距離は比較的近め。
(平日だからかもしれないけど)人は殆ど居ない。

あと、パンダも居ます(この動物園が推してる)

帰りは…?

動物園を楽しんだ後は再び同じ253バスでSTESEN LRT WANGSA MAJUまで戻る必要があります。

帰りのバスは歩道橋を使い行きと逆の道路側にバス停があります。

Google Mapで確認

220と253のバスに乗れますが、253じゃないと駅まで行けません。

253は45~60分に1本!ひぇ~~~。

バス停で待つこと30分、ようやく253バスが到着しました。
今回はたまたま現地の人も居たので乗れましたが、1人の場合は到着するバスに乗る意思をアピールするしないと素通りされてしまう可能性もありますから注意しましょう。

最後に

マレーシア国立動物園(ZOONEGARA)は動物との距離も近く、広さも十分、しかも人が少なかったため、のんびり過ごす観光地としては良かったです。

今回Wangsa Maju駅→動物園→Wangsa Maju駅の時間がおおよそ4時間(だらだら日陰でツイッターする時間含む)くらいでしたので参考になればと。

-マレーシア, 旅のTips

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

台灣大哥大(Taiwan Mobile)はユーザー登録しなくてもリチャージ出来る

台湾の通信キャリアである台灣大哥大(Taiwan Mobile)、リチャージが簡単なので私も1つ番号を保持しています。 ただ、この台灣大哥大を使い続けるためには最初の儀式として台湾にいる間にユーザー登 …

シンガポールへ行ったらStarHubのプリペイドSIMをゲットしよう(2018年版)

SINタッチでお馴染み、シンガポールの携帯キャリアとなるStarHubのプリペイドプランが旅行者にかなり便利ですので紹介したいと思います。 StarHubのプリペイドSIMは当たり前ですがシンガポール …

深夜便でも使える!桃園国際空港T1のプラザプレミアムラウンジへ行ってみた

桃園国際空港といえば、MOREというラウンジがプライオリティパスユーザーには定番となっていましたがLCCでよく使われるターミナル1は閉鎖。その代わりトランスアジア航空のラウンジがプライオリティパスで使 …

桃園T1のシャワー室が予約制&有料化(ただしPPあれば無料)

暑い台湾の終わりはシャワーでリフレッシュしたい 暑い台湾で楽しんだ後、シャワーを浴びて汗を洗い流して帰国したい…そんな風に思う人もいることでしょう。 台湾の主力空港となる桃園国際空港ではいくつか無料で …

機内で熟睡OK!台湾のオンライン入国カードを使う

基本的に外国へ旅行する時は飛行機内で入国カードが配られて機内で書く、もしくは到着後イミグレーション前で書くといった流れが一般的だと思います。 台湾の場合は、オンライン入国カード(Online Arri …